THE OLDEST DIAMOND DEALERS IN THE WORLD

Backes & Strauss launched an exclusive watch brand,
creating masterpieces in the workshops of Franck Muller Watchland

バックス & ストラウスが高級腕時計ブランドとして、フランク ミュラー ウォッチランドの工房で腕時計の傑作を捜索

高度な技術力を有し時計を制作するマニュファクチュールとの提携により、バックス & ストラウスは、独創的なカッティングと特別な研磨をほどこし、完璧な手作業で仕上げられた最高級ダイヤモンドをひときわ美しく魅せるエレガントな時計を制作しています。
ダイヤモンド職人たちの極めて優れた技術とともに刻まれた歴史と遺産に裏打ちされたバックス & ストラウスは、究極のダイヤモンドウォッチの制作において無限の可能性を持っています。

LONDON AS THE KEY SOURCE OF INSPIRATION

バックス & ストラウスの腕時計は、ロンドンの歴史的遺産がモチーフとされています。19世紀初めにゲオルグ バックスがロンドンで当社を創業したとき、すでにイギリスの首都はすでに活気あふれる国際都市となっていました。バックス & ストラウスのコレクションは、大英帝国の繁栄の礎となった都市の景観と街並みを発想の源としています。

HISTORY

1789年
バックス & ストラウス社創業。
フランス革命が起きた年、バックス & ストラウス社の創始者、ゲオルグ カール バックスが、ドイツのハーナウにて初めて金細工職人として認定。
1814年
バックス & ストラウスグループはロンドン、メイフェア地区のジャーミンストリートにオフィスを置く。
1819年
創業者、ゲオルグ カール死去。社名をJ・F バックス&Coに変更。
ロンドンで宝石の製造が始まり、パリとハーナウに生産拠点を拡大。
1851年
ロンドン万国博覧会で、バックス & ストラウス ジュエリーの傑作を展示 。
1856年
第二の創業の父、マックス ストラウスが1856年にロンドンオフィスに入社。
1870年
J・F バックス & Coがカナダのトロントに支社を設立。
1871年
マックス ストラウスが社長に就任。
1873年
マックス ストラウスが共同経営者となり、バックス & ストラウスの社名で営業開始。
1878年
バックス & ストラウスの品質保証が、ロンドンの金細工職人会館に1878年に正式に認定。
1888年
バックス & ストラウスが、ジュエリー製造専業から、ダイヤモンド研磨および製造へと移行。
1890年
チャールズ バックスが死去。ベン、アルバート、フランク ストラウスが世界中に取引先を求め、広域への旅行を開始。
1903年
マックス ストラウスが死去。長男のアルバートが後継者に。
1904年
バックス & ストラウスが世界進出。アレキサンドリア、ウィーン、ローマ、 ブカレスト、パリ、日本、シンガポール、インドで販促活動を行った。
1915年
アルバート ストラウスが、姓をストラウドに改名。
1946年
大恐慌と第二次世界大戦を生き抜いたのちに、ジェラルド ストラウドはロンドンで バックス & ストラウスを有限会社として立ち上げる。
1953年
アントワープ オフィス設立。
1957年
バックス & ストラウスがオーストラリアのメルボルンにオフィスを設立。
1966年
ストラウド (ストラウス)家が、バックス & ストラウスを、最初の南アフリカ シンジケートに属するボーナス家の四代目、ベンジャミン・ボーナスに売却。
1976年
ヴァルケス カナジャンがバックス & ストラウスに入社。
1976~1980年
会社の成長にともない、パリ、ヒューストン、ロサンゼルス、シドニー、トロントで開業。
1980年
バックス & ストラウスが急成長を果たす。
パリ、ヒューストン、シドニーでオフィスを開き、トロントでの事業再開を果たす。
1982年
アントワープ オフィスの経営陣を変更。
前社長のロバート リーが引退し、ヴァルケス カナジャンがアントワープ オフィスの経営を引き継ぐ。
2000年
ヴァルケス カナジャンがグループCEOに就任。
2003年
ヴァルケス カナジャンが指揮をとり、ボーナス家から バックス & ストラウスの経営権を買い取る。
2004年
バックス & ストラウスがドバイ、ムンバイ、上海へ業務拡大。
バックス & ストラウスが、世界の主要ダイヤモンド取引センターになりつつあるドバイ、上海、ムンバイにオフィスを設置。
2006年
バックス & ストラウスがフランク ミュラー ウォッチランド グループと戦略的提携を行い、腕時計の旗艦コレクション、リージェント、バークレー、ピカデリーを2006年11月に発売。
写真:バックス & ストラウス社CEOのヴァルケス カナジャンと、 フランク ミュラー ウォッチランド社CEOのヴァルタン シルマケス。
2007年
バックス & ストラウスがWPHHで腕時計コレクションを始めて披露。ロンドンのハロッズ、アスプレイ、テオ フェネルで販売開始。
その後、アメリカ、日本、イタリア、カナダ、フランスでも発売。
2012年
バックス & ストラウスが、女王陛下の即位60年を記念し、陛下のロイヤルサイファ[英国国王のシンボルマーク]を使って王室ご用達の限定版腕時計を製造。
ロンドンのハロッズで、リージェント ダイヤモンドジュビリー腕時計を発売。
ダイヤモンド ジュビリーコレクションとは、我が国のダイヤモンド、クイーンエリザベス二世の1952年から2012年までの六十年間の在位を祝して設計、製造されたリージェントコレクション。
2013年
バックス & ストラウスが英国ロイヤル バレエ団と提携。クリエイティブディレクター兼プリマ バレリーナのタマラ ロホが、 ヴィクトリアコレクションのブランドアンバサダーに就任。
2014年
バックス & ストラウスが創業225周年ならびにロンドンで営業開始して200周年を記念し、ピカデリー プリンセス ロイヤルカラーを製造。
マンハッタンの伝説のダイヤモンドディーラー、ウィリアムゴールドバーグと提携し、ロイヤル アショカ® エンプレスを製造。
ジェムフィールド社から正当に入手したザンビア産エメラルドを原料として、ハロッズ向け特注のハロッズプリンセスを発表。
2015年
ハウス オブ バックス & ストラウスがロンドンのグローブナーストリートにオープン。